ウォーターサーバーを契約するときのポイント

ウォーターサーバーでは、料金を重視して契約をする人も多いです。

料金を比較するなら、月々のコストだけでなく、送料なども考慮に入れて、総合的に比較をするようにしましょう。



料金を比較するときに、ある意味でやっかいなのが、違約金です。
ウォーターサーバーの会社にもよりますが、2年契約となっており、2年以内に解約をした場合には違約金がかかるようになっていることが多いです。
違約金の金額は、1万円だったり、2万円だったり、商品によって異なります。

この違約金は、契約期間のうちに解約をしなければ、かかってこないお金です。
そのため、ウォーターサーバーを比較するときに、違約金を考慮に入れるべきか、2年は使うつもりなので、考慮に入れないのか、迷うところでしょう。



長く使う自信がない人は、なるべく契約期間が短いウォーターサーバーを利用することがおすすめです。
メーカーによっては、6ケ月契約となっていることもあります。


1年は使う自信があるなら、1年契約のところでもよいでしょう。

飲んでみたらマズかったということもあるので、なるべく試飲をしてから契約をしましょう。



2週間程度のお試しキャンペーンをやっているところなどもあります。

普段は水道の水を飲んでいるという人にとっては、コストはバカにならないものになります。


逆に、普段からコンビニなどで水を買って飲んでいるという人なら、かえって節約できることもあるでしょう。

コストの負担は、人によってケースバイケースです。