ウォーターサーバーの月額料金の計算方法

ウォーターサーバーは人気が上昇していますが、メーカーによって商品の味や料金が異なるので、どこのメーカーのものを選ぶのが一番良いのか、迷うという人も多いでしょう。一番重要なのは、味かもしれません。


あまりないことですが、味がマズくて飲めないという理由で解約をする人もいるようです。あらかじめ、デパートの試飲コーナーなどで味を確かめておくのがよいでしょう。
1ヶ月間だけお試しができるというメーカーもありますので、お試し期間を有効活用してみましょう。

次に重要になってくるのが、月額料金であると思われます。



水はどれを飲んでも同じだという人は、料金が一番重要になってくるかもしれません。



ウォーターサーバーの月額料金は、シンプルですが、比較をするときには総コストで比較をすることが重要です。例えば、月額料金が2000円となっている会社と、3000円となっている会社があったとして、単純に考えれば前者がお得です。
しかし、レンタル代、送料、水代、電気代など、かかってくるコストを総合的に計算をしましょう。

計算をするときに悩みの種となるのが、違約金かもしれません。



1年間あたりの総コストが4万円だが違約金が2万円かかる会社と、1年間あたりの総コストが5万円だが違約金がかからない会社では、どちらがお得なのかはケースバイケースとなります。

ウォーターサーバーの違約金は、契約期間を使い続ければかからないお金です。

そのため、使い続ける自信があるなら、計算に含める必要はないという意見もあります。